体験

体験

旅をすると旅先で何か新しいことに挑戦してみたくなりませんか?

いつもと違った場所でいつもと違った経験をするのもいいのではないでしょうか。


クラインガルテン栗源(滞在型市民農園)

豊かな自然の中で、のんびりと野菜や花づくりを滞在しながら楽しみたい都市住民の夢を実現! 1区画310㎡の土地にラウベ(休憩小屋)と農園(畑)がセットされたやすらぎ空間―――。地元の農家がインストラクターとして各区画につき、野菜の栽培方法や管理の仕方などの指導を行います。
このインストラクターを中心に、山菜採り、収穫祭、味噌づくり、栗源を代表する"いも祭"への参加など各種イベントを通し、地元農家と都市住民とのふれあい型の"顔の見える交流活動拠点"です。

■施設概要

所在地
千葉県香取市沢字堂ノ前1253-1地先
施設内容
滞在型市民農園20区画。310㎡(ラウベ35㎡、畑110㎡)/区画
ラウベにはキッチン・バス・トイレ・エアコンを完備、居間10畳。


1区画の平面図
(クリックで拡大)


ラウベ内の平面図
(クリックで拡大)

利用期間
1年単位(4月~翌年3月)最長5年間まで延長可能
利用料金
400,000円/年(光熱費別)
共益費 : 48,000円/年(ラウベ水道料含む)
利用者への栽培管理指導や共同利用施設、農機具置場等も併設しています。[募集要項(pdf 150KB)]

■申込方法

所定の応募用紙に必要事項を記入のうえ、香取市農政課地域振興班へ持参または郵送。(FAX、Eメールでの応募可)[応募用紙(MS-Word 32KB)] [応募用紙(PDF 70.0KB)]

■アクセス

東関東自動車道成田IC下車、県道44号線を小見川・鹿嶋方面へ約20分。「道の駅くりもと」を目標にお出でください。道の駅でもご案内します。

■問合せ先

香取市農政課地域振興班

〒287‐8501 千葉県香取市佐原ロ2127番地

TEL.0478-50-1258 FAX.0478-54-2855

Eメール: nosei3@city.katori.lg.jp


日帰り型市民農園

豊かな自然の中で野菜を育てる楽しみ、収穫の喜びを体験してみませんか!

○山田ふるさと農園

所在地
千葉県香取市神生地先
施設内容
1区画30㎡ 6,000円/年
休憩施設(トイレ完備)
※利用料には肥料及び農具、休憩所の使用料を含みます。
貸付期間
1年間
申込期間
随時受付
問合せ先
香取市山田支所地域班 Tel 0478-78-2116

○紅小町の郷ふれあい農園

所在地
千葉県香取市沢地先
施設内容
1区画50㎡ 10,000円/年
休憩施設(トイレ、シャワー完備)
※利用料には栽培指導料及び肥料、資材、農機具、休憩施設の使用料を含みます。
貸付期間
4月1日から翌年3月31日まで
(継続・更新可能)
申込期間
毎年2月1日~4月30日まで
問合せ先
道の駅くりもと 
Tel 0478-70-5151
Fax 0478-70-5201
Eメール info@benikomachi.jp

紅小町の郷ふれあい農園


小江戸さわら小野川・町並舟めぐり

小野川舟めぐり

川から見上げる歴史的町並みとともに舟運で栄えた往時を偲ばせ、情緒たっぷり。忠敬橋南すぐ(伊能忠敬旧宅前)と小野川河口の利根川河川敷との2箇所に乗船所がある。船頭さんがガイドとなって、小野川や商都佐原の歴史等について解説してくれ、地元の人しかしらない通の情報などもこっそり教えてくれることもある。冬はこたつがついてぽかぽか。 沿道の人々が不思議と手を振ってくれる。営業時間は9:00~16:00(夏17:00まで)

利用料金

大人1,200円・子供600円


佐原張子細工 三浦屋

佐原張子体験

千葉県指定伝統的工芸品

明治の末期からの伝統を受け継ぐ張子。ダルマ・面を中心に作られ、現在60種類。1999年(兎年)もちつき兎が年賀切手のデザインに選ばれる。手作りのぬくもりを感じてみませんか。(見学・体験 要予約)


加藤洲十二橋巡り

加藤洲十二橋巡り

十二橋とは、佐原市加藤洲地区の水路に架かる小さな橋々の総称を言う。かつて加藤洲地区周辺一帯は水路が縦横に張り巡らされており、人家と人家を行き来するためにひと一人がやっと通れるような小さな橋が架けられていた。以前は、このような橋が12あったので十二橋と呼ばれてた。ここをサッパ舟と呼ばれる小舟に乗って女船頭の巧みな竿捌きで細い水路を進むとたっぷりと水郷情緒を味わうことができる。所要時間は約50分。

料金

6,500円(1隻5人まで)5人を超える場合1人1,300円


サツマイモ掘り体験(道の駅くりもと)

サツマイモ掘り体験

ふるさとの香りいっぱいに開設された栗源の行楽情報発信拠点。館内には、行楽ガイドをする情報コーナーをはじめ、朝どりの新鮮野菜や特産の果物、畜産加工品の「直売所」、土地の食材で作った料理が味わえる「味処・いっぷく」、他隣接に里山公園や体験農園施設がある。道の駅くりもとの農園「紅小町の郷」ではサツマイモ掘り体験を楽しむことができる。時期は9月~11月中旬。

料金

ベニコマチ1株200円 ベニアズマ1株150円


ブルーベリー摘み取り(道の駅くりもと)

ブルーベリー摘み

道の駅くりもとのブルーベリー園で摘み取りを楽しむことができる。大粒のブルーベリーを存分に食し、お土産用のパック付き。時期は6、7、8月。
入場料は1,000円。


米作り体験(道の駅くりもと)

5月には田植え体験・9月には黄金に輝く稲穂を刈る稲刈り体験。団体(20人以上)は、別途ご相談いたします。

料金

米作り(5月+9月)15,000円(食事+玄米30kg+いも掘り2株付き)

田植え(5月)1,500円(食事付き)

稲刈り(9月)4,000円(食事+精米5kg+いも掘り2株付き)


ニジマス釣り(道の駅くりもと)

道の駅くりもとの里山公園でニジマス釣りが楽しめる。釣ったニジマスはその場で焼いて食べることができる。時期は4月~11月

料 金

サオの貸し出し500円・釣ったニジマス1,500円/kg


ザリガニ釣り(道の駅くりもと)

道の駅くりもとの里山公園ザリガニ池で無料でザリガニ釣りが楽しめる。餌付きのサオ、バケツを無償貸し出し。釣ったザリガニを持ち帰りたい場合は、1匹20円で1グループ5匹までOK。時期は5月下旬~11月上旬

料金は無料(ザリガニを持ち帰る場合1匹20円で1グループ5匹まで)


ミニトマト園(道の駅くりもと)

道の駅くりもとの農園でビニールハウス栽培されたミニトマトを収穫体験出来る。時期は7月中旬~


北総乗馬クラブ(栗源)

穏やかな気候、充実した施設、経験豊富なスタッフにより、馬との素晴らしい時間を過ごせます。初めての方から上級者の方まで、"楽しい"を感動に変えるレッスンを目指しています。まだ馬に触れたことがなく、これから乗馬を始めてみたい方、マイペースでゆったり乗りたい方、競技会に出てみたい方、技術をステップアップしたい方を歓迎します。また北総乗馬クラブでは、才能のある乗馬をお求めやすい価格で提供しております。当クラブ会員の方はもとより、他のクラブに所属されている方でも購入していただくことができます。初心者向けの練習馬から全日本を狙える競技馬まで取り揃えておりますので、お気軽にご相談下さい。


菅谷ぶどう園(栗源)

香取市栗源地域は千葉県一のぶどうの産地。もぎたての新鮮ぶどうを味わいにお越しあれ。もぎ取りもできる。収穫時期は8月下旬~10月。


平山ぶどう園(栗源)

香取市栗源地域は千葉県一のぶどうの産地。もぎ取り体験で新鮮なぶどうを味わいにお越しあれ。収穫時期は8月下旬~10月。


夢紫美術館

夢紫美術館は、創業150余年の長い歴史を誇る呉服店の6代目が、古代から伝わる貝の染料「貝紫」に魅せられ、築120年の土蔵を改造した、50平方メートルの小さな国内で唯一の私設染色美術館。色の宝石といわれる貝紫染色の呉服や絵など染織工芸品を収蔵している。巻き貝のパープル腺にある色素を紫外線にあて、紫色に染め上げる技法を復元した。

博物館の建物は谷屋呉服店の土蔵で、明治時代初期の建築だ。水運で発達していた小見川の商家を代表するもので、漆喰の壁の厚さは60cm以上、地下は洪水対策で設けられたという。保存状態もよく、国の登録有形文化財になっている。

染色体験要予約。


小見川B&G海洋センター

海洋クラブに加入するとカヌーやヨットの指導が受けられる。また、カヌー開放デーには、誰でも体験することができる。

団体(10人以上)
利用の3日前まで申し込み
個人
当日、受付にて申し込み
休館日
毎週月曜日
祝日の翌日年末年始(12月27日から翌年1月3日まで)
施設の概要
体育館、プール、カヌー、ヨット
利用料金
体育館
  • 個人:中学生以下100円、その他の者200円
  • 団体:中学生以下1000円、その他の者2000円 ※ 夜間は、別料金
プール
  • 個人:中学生以下100円、その他の者200円
  • 団体:1500円
名称
B&G海洋センター
所在
〒289-0313 千葉県香取市小見川4866-736
電話
0478-82-1000

前のページ

このページの先頭

四季の見どころ

エリア探索